浅草散策 被官稲荷神社 

ここからの浅草散策は4日撮影の画像でお送りします。

あの観光客で賑わう明るい浅草寺と浅草神社の一画にひっそりと佇む被官稲荷神社がありました。
浅草神社の社殿ということですが、あまりにも対照的で質素な佇まいに戸惑いすら覚えます。
しかしここも奇跡的に大震災、大空襲の戦禍を免れたというのですから大変貴重な神社なのですね。

1.
この被官稲荷神社は安政2年の創建。京都の伏見稲荷から祭神御分身を勧請しているということで、なるほどお稲荷さんがたくさんいます。
a0268332_16104653.jpg


2.
これでも、ひところに比べると数が随分少なくなったようですけどね。
a0268332_226261.jpg

3.
首の取れたお稲荷さんに経てきた歴史を感じます。
a0268332_16155853.jpg

4.
a0268332_225174.jpg

5.
この社殿は創建当時のままの杉皮葺で、保護するための覆屋もあるんですよ!
鈴の奥に杉皮葺が見えますが、私はもっぱら覆屋ばかり撮ってましたね。
a0268332_1617379.jpg

6.
a0268332_2304039.jpg

7.
小さくて地味な神社ですが、お参りする人もけっこういましたよ。
a0268332_2231317.jpg



なるほど、被官稲荷神社の被官とい名前のいわれは定かではありませんが、官を被るということで出世や成就祈願のために参拝客が多く訪れているのだそうです。
a0268332_2281263.jpg


ということで次回は浅草寺、浅草神社の境内を抜け出します。
[PR]
# by ruriiro22 | 2013-04-13 02:28 | 東京素描

めったにないことなので

3月1日、福岡市美術展の入賞、入選者の発表がありました。

このブログにも掲載した画像「でじたる時代」が何と奨励賞に輝きました。

今日、この画像を頼んだレタッチャーにお会いしたら、「賞はなかなか獲れませんよ、すごいことじゃないですか!」と言われ、少しずつそうなのかな~と実感が湧き始めました。

今年は例年に比べて応募者が半端じゃないほど多かったとか。よく賞をもらったと驚いています。
いつもコメントをしてくださるブロガーさんのおかげです♫ 本当にありがとうございます。

二重あごがちょっと気になってはいたのですが、そこが良いという評価だったようです。
芸妓さんがカメラを持っているシーンはとても珍しく新鮮だったのでしょうね。

市長賞も女性ですが、市美展の写真部門では初めてのようです。
賞を獲った女性(5人)の中では私ともう一人が若くて60代半ば、あとの女性は全員70代の半ばです。
賞に輝いた女性は全員私のお友達でした~。


写真の展示は3月19日(火)から24日(日)までです。

a0268332_20304920.jpg

[PR]
# by ruriiro22 | 2013-03-04 20:35 | スナップ

四季折々を写真で楽しむブログ


by ruriiro22

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧